目元治療で印象激変|眼瞼下垂スピード解決法

女性

目の見えが悪い場合には

女性

何らかの原因でまぶたを持ち上げる筋肉の力が衰えてしまい、まぶたが眼球に覆いかぶさってしまうようになる人がいます。そのような症状を眼瞼下垂と呼ぶのですが、物がよく見えなくなってしまうため、とても危険です。しかし、医療機関で治療を受ければ、物をしっかりと見ることができるようになります。

View Detail

目元や口元のしわ取り

美容整形

美容外科ではヒアルロン酸注入法で、目元や口元の小じわを解消することができる。ヒアルロン酸注入法は、くっきりと刻まれたほうれい線を解消することも可能である。ヒアルロン酸注入法はメスを使わないため、美容整形に抵抗がある人でも気軽に施術が受けられる。

View Detail

フォトフェイシャルの施術

顔

美容外科では、フォトフェイシャルによるニキビ跡の治療を行っている。フォトフェイシャルはIPLという特殊な光を患部に照射するだけで、ニキビ跡を治療することができる。ニキビ跡の治療後は、ザラザラしていた肌がスベスベの美肌になる。

View Detail

まぶたが下がる症状とは

美容整形

まぶたが重くて目を開けにくいといった悩みはありませんか。まぶたの筋力が衰えてくるとまぶたが黒目の中心近くまで垂れ下がってしまうことがあります。この症状は眼瞼下垂と呼ばれているもので、筋力の衰えや病気が原因となって起こります。眼瞼下垂は片方のまぶただけに起こることが多いのですが、両方のまぶたに症状が出ることもあります。両方のまぶたに症状が出ると物が見えづらくなるので、日常生活に影響が出るようになります。眼瞼下垂になった人は物を見る際に眉を上げたりあごを上げたりする行動がみられます。また、余計な筋力を使うために肩こりを感じるという人もいます。また、片方のまぶただけに症状が出ている時は、左右の目の大きさが違ってくるので眼瞼下垂を発見することが出来ます。

眼瞼下垂はまぶたの筋力の衰えが原因になることは既に述べた通りです。まぶたは眼瞼挙筋という筋肉や動眼神経という神経の働きで動いています。眼瞼挙筋や動眼神経の働きが衰えるとまぶたが上がりにくくなり黒目の半分ほどを塞ぐようになってしまいます。この他にコンタクトレンズを使用している人や白内障を発症している人、生まれつき眼瞼挙筋の筋力が弱い場合も原因になります。目の手術を受けたり筋肉の病気になった時も眼瞼下垂になることがあります。治療は原因によって手術と薬による方法に分けられます。眼瞼挙筋の筋力が衰えている場合は、眼瞼挙筋を短くする手術が行われます。また、まぶたのたるみが原因の場合は、余分なまぶたを切り取る手術を行います。