目元治療で印象激変|眼瞼下垂スピード解決法

レディー

目の見えが悪い場合には

女性

上まぶたを持ち上げる筋肉の力が低下して、まぶたをしっかりと開くことができなくなってしまうことがあります。黒目の上にまぶたが覆いかぶさるような状態になってしまうため、目の見えっぷりがとても悪くなってしまいます。そのような症状を眼瞼下垂と呼ぶのですが、「物を見る」という目の機能が損なわれている状態であることから、眼科疾患の一種として取り扱われることになっています。疾患扱いされるということは、保険が効く治療を受けることができるということです。そのため、従来は、眼科や形成外科で保険が効く眼瞼下垂治療を受ける人が大半でした。しかし、近年になり、美容外科クリニックで保険が効かない眼瞼下垂治療を受ける人が増加してきています。保険が効かないので治療費全額を患者が自己負担することになりますが、審美面に対する配慮が行き届いた治療を受けることができるため、今後は美容外科クリニックで眼瞼下垂治療を受ける人が増えそうです。

眼瞼下垂になってしまう原因は、人それぞれで異なっています。加齢の影響で筋力が低下して眼瞼下垂が発生するケースが多いですが、コンタクトレンズの不適切使用が原因で眼瞼下垂の症状が起こる場合もあります。また、花粉症などのアレルギー疾患にかかっている人が、目の周囲を頻繁に擦った結果、まぶたを持ち上げる筋肉が傷んでしまうケースもあります。さらに、ごく少数ではありますが、生まれつきまぶたを持ち上げる筋肉の力が弱くなっている人も存在しています。しかし、いずれの場合も、医療機関で適切な治療を受けるようにすれば症状を改善することができます。物をしっかりと見ることができないと非常に危険ですので、上まぶたが垂れ下がっているという自覚がある人は、早めに医療機関を受診してみるようにした方がよいです。